【キーボード】ロジクール K270 使った感想まとめ。コスパで選ぶなら最高

ガジェット・小物

ども!昨日は肉うどんを食べたamasawaです!

 
今回は自宅用として購入したキーボード「ロジクール k270」について使った感想を書きたいと思います!

 

k270のスペックを書いていきます!

①ロジクール製
以前紹介したマウスと同じで、キーボードはスイスのlogicool製になっています。

 
今回購入したのは、マウスで使い勝手が良く、Logicool製は安心して購入できたのと、「k270」はAmazon人気となっていてカスタマーレビューが2000件以上ある人気商品だったのがキッカケです。

 
②フルサイズレイアウトにしてはコンパクト
キーボードのサイズは、高さ20.5mm、幅435.5mm、奥行き137.5mmとフルサイズにしてはコンパクトにまとまっている印象です。レイアウトは108日本語キーとカーソルキー、テンキーそれぞれあります。

 
③ワイヤレスで配線が無く机がスッキリ
私が購入する条件としてワイヤレスを探していたのですが、今回ワイヤレスにして大正解でした。机にケーブルがないのでスッキリしますし、動作も特に問題なく快適に打ち込むことができます。

 
④キーボードの電源は電池式
単四電池2本で最長二年間使うことができます。キーボードを使う時間にもよるので、頻繁に使っても約1年は使えるでしょう。

 

k270の良かった点

①使用感は全く問題なし
購入してからずっと使い続けていますが、文字が打ちにくいことや、故障などは全くありません。

 
キーボードを購入する前はノートPCのキーボードを使っていたのですが、それと比較したら打ちやすさも格段に向上しています。

 
「とりあえずキーボード買ってみようかな」という方にはかなりオススメです。

 
②なんといっても値段が安い
私はk270をAmazonで購入しましたが、現在は2187円で販売されています。ワイヤレスキーボードでこの値段でクオリティも高めなので、非常に良い買い物をしたと思います。

 
コスパで考えたら非常に良いので、それが人気商品の秘密なのでしょう。

 
③クイックワンタッチキーが便利
k270にはクイックワンタッチキーと呼ばれるキーがキーボード上部にあります。

 
音量調整やメールの確認、PCの電源操作など、ワンクリックで行うことができます。

 
さらにこれらは設定不要ですので、購入してすぐに使うことができます。

 
④安心の3年無償保証
3年間の無償保証が付いていますので、故障があっても無償で交換できます。

 

k270の悪かった点、残念だった点

①裏面の見た目が少し安っぽい
2000円台で買えるキーボードとしてパフォーマンスは申し分ないですが、見た目がどこかチープっぽく見えます。表面はそこまでじゃないですが、裏面がイマイチと感じます。

 
ですが、フルサイズのキーボードは持ち運ぶこともないですし、裏面を見るようなことはめったにありません。

 
特に気にならない方は問題ないですが、キーボードは裏面までかっこいいもの、見た目が良いものを使いたい!という方にはあまりオススメできません。

 
②そこまで静音ではなく普通だった
k270のセールスポイントとして「静音設計」があげられています。しかし、使用した感じだと、そこまで静音なのか?と疑問に思う点はありました。

 
かといってうるさいわけではないので、気にしない方は問題ありません。

 
私は完全自宅用で、タイピングの音は気にしないタイプですので、何も問題ありませんが、もし職場など人が多い所で使いたくて「静音設計が絶対条件!」という方にはそこまで期待しないほうが良いと思います。

 
とはいっても決してうるさいわけではなく他のキーボードと同等くらいだと思います。

 

結論:コスパ最強でこだわりがなければk270一択

k270使ってからは、文字入力などしやすくて大変重宝しています。高いものはいくらでもありますが、安くてここまでパフォーマンスを発揮できるキーボードはなかなかなさそうだと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました